すみれ会

すみれ会 栃木県女性経営者100人

フェリーチェ音楽院

レッスンは、生徒も先生も楽しく!子どもが行きたくなるピアノ教室を思い描いて

主宰

神谷 夏妃

4歳のときに描いた指導者になる夢

ピアノを始めたのは、4歳のとき。祖父に近所のピアノ教室に、見学に行こう! と誘われたことがきっかけです。

レッスンでは、グランドピアノを弾く素敵な先生の周りに子どもたちが集まり、歌をうたっていました。その光景を見た私は、その日からピアノのとりこに。「私も大きくなったらこうなりたい!」そう、強く思いました。

 宇都宮短期大学のピアノ科を卒業した後、ヤマハピアノ講師として8年間指導をしていました。その後、ヤマハを退任し、自宅教室を始め、現在は益子町にて「フェリーチェ音楽院」を主宰しています。

 生徒は0歳から大人の方までと幅広く、コンクールや音楽高校・大学を目指す方もいらっしゃいます。また指導者の方への指導法レッスンも行っております。 私が講師になった時に思い描いたピアノ教室は、子どもたちが〝楽しい〟〝また行きたい〟と思える、そして〝教室に通う生徒たちは、みんな仲間なんだ〟そう感じることができる環境でした。 

 なぜ、その様な教室を目指したかったかというと、私自身の受けてきたレッスンがその真逆だったからです。間違うと叱られる、練習不足で叱られる、先生の求める音が出せないと叱られる。4歳の時に思い描いたキラキラ光る夢が、ことごとく崩れていきました。レッスン=叱られに行くという方程式ができてしまい、やめたいと思うことも度々…。

そうして大人になっていくにつれ、「〝音楽〟って音を楽しむと書くのに、どうして苦しみしかないんだろう?」と真剣に考えるようになり、厳しさだけでは、上達も成長もしない。むしろ、子どもの可能性を奪い取ってしまうという結論にたどり着きました。

ピアノの練習は、辛い時が多くあると思います。特に小さな子どもにとっては、大変なエネルギーが必要です。せっかくレッスンに行っても叱られるばかりでは、音楽の素晴らしさに触れることがないまま大人になってしまい、それはとても悲しいことだと思うのです。

目標を持ち、結果が見えるそんなレッスンを目指して

私が子どもたちに伝えたいことは、〝大きな夢を持ち、その夢は叶う〟ということ。

しかし、描くだけでは叶いません。その夢を叶えるためには、どうしたら良いのか? その方法をピアノレッスンを通して学んで欲しいと考えています。

そのために一番有効なものが、期限付きの目標を持つことだと考えています。

コンクールなどは、その代表になると思います。課題曲が発表されると一斉にその日に向かって練習がスタートされ、自分との闘いが始まります。コンクールというのは、賞というかたちで結果を出されますが、私は決して賞だけが目的ではないと考えます。むしろ、コンクールというものは成長や上達のために利用するものではないでしょうか。 

 子どもたちは、数カ月をかけて本番に臨むわけですが、そのプロセスにたくさんの成長要素が含まれます。例えば集中力や思考力、忍耐力。そして努力の尊さを学ぶことができるのです。大きな豊かな響きが出せるように、右手と左手の音量のバランスが整えられる、一定のテンポで演奏できる、指先を立てる…etc…。 

 小さな目標をたくさん作ってあげることで、一つ一つの達成感を味わうことができ、やがて大きな夢にたどりつくことができるのだと思います。 

コンクールは上手だから出場するのではなく、自己成長のために。

音楽の力を借りて世の中のお役に立ちたい

リトミックやソルフェージュのレッスン、女性のための生き生き脳活リトミックなど、音楽の力を借りて様々な年齢の方へのお役に立ちたいと考えています。

〝女性のための生き生き脳活リトミック〟とは、私が考案したもので、私のピアノ演奏に合わせて記憶力や判断力、即時反応力を高めながら身体を動かすことで、脳と身体を同時にトレーニングできるというものです。

また、大人のピアノレッスンでは、84歳の方までが趣味として楽しむことを目的に通っていらっしゃいます。子育て中のママの癒しの時間、お仕事をされながら休日の楽しみに、退職されてやっと自分の時間ができたという方など、様々な目的を持っていらっしゃいます。

音楽により、皆様がより豊かな人生を送れることを願っています。音楽の力は素晴らしいですね。

profile

益子町出身。宇都宮短期大学ピアノ科卒業。ヤマハハイグレード取 得。生涯学習音楽指導員ライセンス取得。全日本ピアノ指導者協会 正会員。全日本ピアノ指導者協会新人指導者賞受賞。全日本ピア ノ指導者協会指導ライセンス全級取得。「フェリーチェ音楽院」主 宰。ピアノ、ソルフェージュ、英語リトミック、日本語リトミック、 女性のための生き生き脳活リトミックを指導。