すみれ会

すみれ会 栃木県女性経営者100人

医療法人社団 大衛会 比企病院

夫と二人三脚で地域の医療と福祉に貢献信仰が私たちを突き動かしている

常務理事

比企 洋子

子どもは親の一生懸命な姿を見て育つもの

 比企病院は、1973年に比企外科胃腸科医院として開院したのが始まりです。それまで、主人(達男氏)は東京の病院の勤務医でした。当時、私たち夫婦には4人の子どもがいましたが、勤務医では4人の子どもたちを大学に進学させるだけの充分な収入を得るのは難しいこともあり、宇都宮でクリニックを開くことを決断しました。 

 開業といっても、何をどうしたらいいのかさっぱりわかりません。とにかく、無我夢中で働きました。看護師の募集は私の役目でした。宇都宮には知り合いがいませんでしたので、故郷の沖縄で募集しました。毎年4回は沖縄に出向きました。日帰りということもありました。採用した子は、午前中は診療所の仕事を手伝ってもらい、午後は準看護学校に通って看護師の資格を取る勉強です。何年間か私たちのところで働いていただき、その後、沖縄に帰って働く子が多かったと思います。60人を超える看護師が私どもから巣立って行きました。

 私は、子育てと診療所の仕事の両立でした。結局、6人の子どもを育て上げましたが、朝早く起きて子どもたちを学校や幼稚園に送り出した後、患者さんの食事の用意、受付や薬詰めを手伝いました。手術にも立ち会いました。

 開院して10年経ったころだと思いますが、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまったことがあります。主人を助け、診療所を軌道に乗せるため走り続けました。患者さんが順調に来てくださったのでほっとした部分もあったように思います。それから私自身、診療所の仕事が忙しくて子どもたちのことを充分みてやることができないことに心を痛めていました。 

いろいろ考えた末に、外来患者さんの診療だけにして、将来病院を建てるために購入した土地にマンションを建設することで話が進んでいました。子どもたちには「マンションからお家賃が入るから何の心配もないわね。みんなのこと、全部ママがしてあげられるね」と話してあげました。私は子どもと接する時間が増えるうれしさを感じていましたが、主人は複雑な思いだったようです。 

 ある日、教会からの帰りに主人から「僕はやはり老人病院をつくりたい」と告げられました。最後まで医者として患者を診て生涯を終えたということを話してくれました。それを聞いて私も我に返ったような気がしました。「楽をしては、子育てでもいい結果はでない。子どもは親の一生懸命な姿を見て育つもの」と、ふと思いました。

1984年、比企外科胃腸科医院はベッド数109床の比企病院として新たなスタートを切りました。

夫を支える喜び。自分を必要とされる喜び

病院というものは、運営がうまくいかなければ患者さんに十分な医療も福祉も提供することはできません。私どもの場合は、主人が医療の部分を、私が病院運営の部分を担当し、それぞれ役割分担がうまくかみ合ったと言えるでしょう。まず主人が病院をこういうものにしようという理念を示して、それを具体化するのが私の役目です。常に私が主人と病院スタッフの間に立って主人の指示を伝えました。当初から人を動かす調整役を務めていたからこそ、今日、多くの人を動かすことができるのだと思います。

正直言って、仕事が楽しいと思ったことはありません。「借金を返すまでは」との思いで、無我夢中で働いてきました。ただ、主人の仕事を支える喜びというのでしょうか、資金のやり繰りとか裏方の役目、私を必要とされている喜びがありました。私たち夫婦はクリスチャンです。奉仕の喜びは信仰から来ています。信仰が私たちを突き動かしているのです。

『祈りの千羽鶴』

私は、考えごとをするのが好きです。夜、眠れず苦しいということがありません。暗闇の中で考えることがいっぱいあります。考えたことを頭の中に詰め込んで、ある時、それを使えるときがくるのです。今、パッチワークキルトの作品を制作していますが、そのモチーフも、主人と結婚する前、人形作家を目指していたころに思い描いたものです。次の作品の構想も頭の中に詰まっています。 

昨年末、自らの作品を収録した写真集『祈りの千羽鶴 パッチワークキルトと着物』を出版させていただきました。東日本大震災と太平洋戦争で命を落とした方々の魂を慰め、その魂が迷うことなく天に召されることを願い、仕事や家事の合間に一針一針縫い上げた「祈りの千羽鶴」が、うれしいことに、「評論家推薦作家大賞」をいただきました。いつの日か、制作拠点がある那須の地に、作品を皆さんに見ていただく「祈りの千羽鶴の館」を開設したいと思っています。

profile

沖縄県生まれ。S 48 年〜比企胃腸科外科医院 事務長、S 59 年〜医 療法人社団大衛会比企病院 常務理事・事務長。S 56 年〜㈲リベカ 会長、S 63 年〜㈲シロアム 社長、H 20 年〜㈱比企 社長。S 54 年〜宇都宮法人会 会員、H 3 年〜宇都宮90 ロータリークラブ 会員、 H 13 年〜年栃木県経済同友会 会員。パッチワーク・キルト作家(評 論家推薦作家大賞受賞)。趣味は、古い物を新しく生き返らせること、 パッチワーク・キルト作品のモチーフ、仕事等の考え事をすること。
医療法人社団 大衛会 比企病院