すみれ会

すみれ会 栃木県女性経営者100人

Salon de a mole(サロンド アモール)

お客様との繋がりを大事にし愛されるサロンづくりを

代表

齋藤 留美

個人サロンのよさを 前面に打ちだした

昨年4月に自宅サロンからオリオン通りに移転、リニューアルオープンいたしました。フェイシャルが中心で、肌質改善に特に力をいれています。40〜50代を中心に30代以上の方が多く、70代の常連のお客様も来店されます。サロンを始めて12年、個人サロンならではのお客様に一対一で向き合う施術と、サービスのさらなるアップを目指してのチャレンジとなりました。これまで以上に、お客様にくつろいでいただけるおもてなしを心がけています。a

エステとの出会いは、夫の仕事の関係でアメリカに駐在になった頃にさかのぼります。アメリカでエステサロンに行きましたが、「商材も合わず、日本人のきめ細やかな対応もなく、きっと私と同じような事を思っている駐在の奥様方もいるはず。」この事がきっかけになり、美容を勉強しようと思いました。最初は通信教育から始めました。そして、一時帰国のたびにあらゆる講習会に足を運び、理論、技術を学びました。アメリカでは紫外線も強く、肌のトラブルに悩んでいる駐在の奥様方向けの自宅サロンを始めました。その時はまだ、そういったサービスをしている日本人向けのサロンがなかったので、とても重宝がられました。そして、もっともっと技術を身につけたいと思い、帰国後は名古屋の某エステサロンに就職、その後に名古屋の自宅にてサロンをオープン。そして8年前に夫の転勤に伴い宇都宮に移転し自宅サロンを始めたのち、現在に至ります。

最近の特徴として高齢のお客様が増えています。『アンチエイジング』のなかでも、シミは年代、性別を問わずお客様共通の悩みです。レーザーなど外科的な治療も進歩していますが、エステでシミを薄くしたいという方はたいへん多く、男性やご夫婦で訪れるお客様も目立ってきました。

結果を重ねることで 業績がアップ

 近年では大きな変化もありました。化粧品の物販が増え、売り上げが激増したのです。それまで積極的にセールスをしていなかったので私自身驚きました。お客様自身が効果を実感され、ご自宅でも使用するため買い求められるケースが増えたからでしょう。

現在サロンでは、〝ドクターリセラ〟の化粧品を使用しています。自然の海洋深層水がベースでパラペンや石油系合成界面活性剤などの化学物質を使用しない、肌への負担が少ない製品です。全国のエステサロンではもっとも多く選ばれているということもありますが、私自身が試してみて肌への刺激がなく使い心地がよかったこと、なにより効果が実感できたことで導入を決めました。

 この製品は顧問医師と提携しておりますので、肌質や生活習慣などをうかがいながらカウンセリングさせていただきます。パッチテストをしてお肌の状態を確認してから商品を発注しますので、お肌に合わないということがありません。また、医師からアドバイスを受けることができますので、お客様の安心にもつながります。エステティシャンとして学べることも多いですね。エステサロンで提供されるものは医薬品の分類のため、市販はされていません。サロンで使用し、自宅のケア用に購入するケースが徐々に増え、販売数につながっていったのですが、お客様自身が効果を実感し、納得して購入していただけることは理想的だと考えています。

エステの技術も経営も スキルアップをめざす

開業してから12年経った今でも日々勉強の毎日です。理論や製品知識を学びに定期的に足を運んでおります。また、同業者の方との交流も大事にし情報交換も欠かせません。リニューアルオープンと同時に、更年期や婦人科系のお悩みに効果的なこだわりの国産よもぎを使用した、〝よもぎ蒸し〟もメニューに導入いたしました。今後は、今まで以上に事業の幅を拡大できるように目標を立てております。そして、一人でも多くのお客様に満足していただけるようなサロンづくりに日々精進してまいります。

profile

名古屋出身。8 年前に夫の転勤に 伴い宇都宮へ。宇都宮にてエステ サロンを開業。しみ、しわ、たるみ、 ニキビ、アトピーなど肌改善専門 サロンオーナー。