すみれ会

すみれ会 栃木県女性経営者100人

ナイスビューティクラブ

ポジティブシンキングとフットワークで日本の美容技術を世界中に広げていきたい

代表

池田 久美子

お客様のニーズを先取りしよりベターを求める経営姿勢

私は栃木美容専門学校で学んだ後、美容室勤務を経て昭和63年に宇都宮市内で〝ナイスビューティクラブ〟を開店しました。おかげさまで、来年が30周年になります。オープンの時から完全予約制で、お客様と向き合い美容全般のアドバイスなど、コミュニケーションとリラクゼーションを大切にしてまいりました。つねにアンテナを張り、最新の技術や美容情報・商品を積極的に取り入れてきました。どんな技術や製品も実際に自分で試してみて、本当にいい、安全であると納得したものだけを紹介するスタイルを守っています。さまざまな情報のなかから、「これはいい!」と感じたものには、信念に添って集中的に技術を学び、それを広める努力を続けてきました。また、以前から毎月のように 『オールドルーキーズ』という最高の美容師仲間と集まってシャンプーの開発など、さまざまな分野の勉強会を開き、素晴らしい技術をシェアしながら、お互いを高め合っています。

日本の新しい美容技術を全国・海外で広める

すでに3年目となりますが、「日本小顔補正立体カット認定サロン」になり、マスタースタイリストとして認定され、『ステップボーンカット』を導入しています。『ステップボーンカット』は、東洋人の平坦な骨格を立体的な小顔に見せるカットの新しい技術です。日本人に多い後頭部の絶壁や、頭の形にお悩みのお客様にも、さらに背が高く見えると大変喜ばれています。

「沸騰ワード10」(日本テレビ)や「スマステーション」(テレビ朝日)など、今ではテレビでも取り上げられ、すっかりメジャーにもなった『ヘアリセッター』の普及活動も継続しています。こちらは特殊なツールを使用して、「毛髪の根元を整えていく」という発想から誕生した新技術です。毛髪はひとつの毛穴から数本の髪が生えているのですが、それぞれが別の方向を向いて生えるため、絡みあって「毛髪交差」という現象を起こします。この根元の交差をほどき、髪の流れを一定方向に整えることで、1回の施術でも髪にツヤが出て手触りがよくなるのを実感できます。定期的に行うことで的確な毛量調整ができ、前髪やつむじの割れ、襟足の立ち上がり、クセやうねりが改善されます。ボリュームアップ・ダウンがどちらも自由にできるようになり、扱いやすいと好評です。認定講師・スーパーバイザー・テクニカルアナリスト・マネージャーとしてセミナーの開催や各地の美容室での指導、インストラクターの勉強会で技術指導に当たっています。

こうした最新の美容技術を広めるために全国各地に出張し、最近では海外の美容業界でも日本の美容技術に関心が高まっているようで、海外出張の機会も増えてきました。経営者の目線から考えますと、美容室のお客様単価を上げるのは限界がありますし、特に宇都宮のように全国的にみても美容室数の多い地域では、どうしてもお客様が来るのを待つような立場になってしまいます。新技術によって個性を演出するというのは、店とお客様、双方にいい方法だと思います。「導入して3か月で売り上げが激増した」といったうれしい報告を聞くと仕事のやりがいを感じます。私自身は決断が早い方で、いいと思ったら即行動するタイプです。「チャンスは出会ったときがチャンス」。出会いは千載一遇だと信じています。

常にポジティブシンキングスキルアップを怠らない

2013、2014年には、2年連続で『ミス・インターナショナル世界大会』で、各国からの出場者の公式ヘア・アレンジとメイク・アップという大変名誉なお仕事をいただきました。昨年もオランダやイギリスへ創作の旅へと出掛けることもでき、娘と共に一つの作品を残せたことや、常にスキルの向上に努めてきたこと、アクティブに行動し様々な出会いを広げてきたことが、新しい仕事へと昇華したことなのだと思います。そのような機会を設けさせていただき、家族、友人、お客様すべての方々に感謝しています。

profile

栃木美容専門学校で美容を学ぶ。昭和63 年、宇都宮市中戸祭で総合美容室「ナイスビューティクラブ」創業。『ヘアリセッター』販売代理店としても、スーパーバイザーとして活躍。海外旅行とスポーツが好き。思い立ったら一人で出かけてしまう行動力だ。地元のお祭りではお神輿を担ぐなど積極的に参加。